7月 引っ越し

引っ越しにともなう断捨離のコツ

昨今断捨離ブームですが、引っ越しは断捨離の最大のチャンスですね。

 

引っ越し経験回数は10回以上になりますが、そのたびに「捨てる」技術を学んできたように思います。

 

引っ越しに便乗して、うまく断捨離するコツが何となくわかったので書いておきます。

 

誤って愛用しているCHAPUPまで捨ててしまった時は落ち込みましたが・・・。

 

1:荷造りに日数をかけない。

 

用意周到に段ボール詰めを始めてしまうと、時間的猶予がありすぎるため、持っているもの全てを丹念に詰め込んでしまうように思います。

 

追いつめられているときのほうが、判断力が冴えて「これは捨てる!」の決断をバンバン下せます。

 

2:段ボールは少なめに用意する
段ボールが多い、すなわち詰め込む荷物も多くなってしまいます

 

段ボールをあらかじめ少なめに用意しておけば「入らない!捨ててしまえ!」といった思い切りの良さが発揮できます。

 

3:ご近所さんと仲良くなっておく
これは、切羽詰まった状態で引っ越し直前に断捨離を押し進めようとした時にゴミの分別を行っていた際に、ゴミ収集の曜日との兼ね合いが難しくなったときの手段です。

 

こんなにプラスチックゴミがあるのに、もう明日引っ越しだ!捨てる曜日は来週!なんていうときに、ご近所さんにゴミを押しつけてゴミ出しをお願いしてしまうのです。

 

これって物凄い無茶なお願いですよね。

 

しかし、普段からとても仲良くなっていて、引っ越しの日も顔を出してくれるくらい仲良しのご近所さんを確保しておくと、残されたゴミについても「あたしが来週出しといてあげるわよ!うち持ってきて!」と、名乗り出てくれちゃったりします。